奴隷社長の秘書募集 -Patra- Episode1
2010-04-28 Wed 14:31
ある日の昼下がり、社長室での出来事。

もちろんドアは閉まっている。

遅ればせながら・・・私の名前はPatra

(はじめまして、漆黒をご訪問中の変態衆)



わたくしは、いつものように社長の椅子に腰掛けて
足元では、床に内股気味に正座した社長がわたくしの足をマッサージしている。
せり出したお腹を太腿の上部に乗せ、その上にわたくしの足を乗せて満足げな微笑が口元に浮かんでいる。

わたくし「これ、そこなもの!」

社長「はい、何でございましょう?」(きらめく瞳でわたくしを見上げる。)

ピシャリ!

(社長往復ビンタを食らってよろける。)

わたくし「何でございましょう?だぁ?すましやがって。ぺっ(社長の頭上に唾を吐きかける)」

社長「申し訳ごさいません。」(深々と頭を下げる)

わたくし「ふざけんな! カスが……グズグズ謝ってるふりしてないでさっさと自販機のメニュー作成でもしなさい」

社長「大変失礼致しました。自販機のメニューを書きとめて参ります」

わたくし「おや?恥ずかしげもなく今時手書きで作成するのかい?お前の会社の近代化ブリがうかがわれるね!」

(頬を赤らめうつむいて、搾り出すような声で社長は言った。)
社長「もちろん恥ずかしいです。ですが……」


社長、蹴り転がされる。無様にデスクにぶつかり、窓際のサボテンが植わった植木鉢の中に
手を着いて植木鉢ごとひっくり返してしまう。

わたくし「アハハハハハハハ……恥ずかしい社長~本当に馬鹿そのものだよね!」

社長「はい。馬鹿でございます。この召使をウスノロとお呼び下さい」

わたくし「ウスノロだぁ?いつから自分の呼び方をわたくしに指示するほど偉くおなりなのかい?」
(威嚇するように右手を振り上げる)

社長「ひぃ」

わたくし「He?どの彼のことかしら?」

社長両手で頭部をかばいながら、
「お許しを」

わたくし「メニューはできたの?あれから何分経ったと思って私のそばではべっておいでなの?さっさとお行き」

社長「離れがたき瞳様の雰囲気に引寄せられていたのでございます」

わたくし「馴れ馴れしく名前を呼ばないでいただけるかしら。営業部長を呼びなさい。抹茶ぜんざいを注文するように。あんたが余計な体力を使わせるからお腹が空いたわ」

社長「ただいま」

わたくし「全く……何しに会社に来ているのかしらね。」




English Version

An incident of one afternoon in President’s

Oops!I 've been forgot to telling you my name you... My name is Patra!!

room. Of course the door is closed. I sit on the president’s chair as usual, the president of the company kneel on a floor slightly Uchimata , giving me foot massage and put it on his big belly that is laying on his thighs. Carrying a happy smile.



Me「Hey, thou!」


President「Yes, may I help you?」(He looks me up with sparkling eyes.)



thwack!


(President got slapped in his cheeks from both sides and staggered about. )



Me「May I help you? Did you just say? With your nose in the air. Poh(I spit on President’s head)」


President「I’m so sorry.」(With a deep bow)

Me「Bullshit! You crap……don’t pretend as if you apologize to me, now go on to create a menu of vending machine 」



President「I am terribly sorry. I will go and write down the menu」



Me「Goll?Aren’t you ashamed of yourself creating it with your handwriting today? It tells how your company is one of those modernized enterprise!」



(His head down with blushed cheeks, he squeezed his voice)

President「Absolutely, it is disgraceful. But……」



President got kicked and knocked down and hit himself to the desk miserably, put his hands in the soil of flower pot that has a cactus in it and then turned it over.



Me「Hahahahahahaha……shame on you Mr. President~you really look like an ass hole!」



President「Yes. I’m an ass hole. Please callyour servant, jackass.」



Me「Call you jackass? When did you get promoted as to direct me to call you how? 」(I raised the right hand to terrorize him)



President「Hee」



Me「He?Which he are you talking about?」



President, protecting his head with both arms,

「Forgive me, HM」



Me「Have you created the menu? How many hours have you been around me since I ordered you to do that?Get lost」



President「I am attracted by Hitomi-sama’s atmosphere that is hard to leave. 」



Me「Could you stop calling my name as if you are a friend of mine? Call the sales manager. Get him order my Maccha Zenzai。 I got hungry as you gave me extra work.」



President「Right away, Her Majesty」



Me「Why did he come to the office at all」





別窓 | 未分類 | page top↑
| 閲覧禁止!漆黒のVENUS達のR指定報告 |

◆MAZO CAMP 25h◆     出発に向けて