監禁物語まであと・・・・8日。
2009-07-09 Thu 17:33
一つ前のブログ記事の最後にちょっと書いたわね・・

監禁ヘノカウントダウンが始まったと。。。

凛子です。


200907041634000.jpg

悲劇のヒロインに抜擢されたのは、この子。。

何も知らず、お気楽にテーブルの上のジャーマンソーセージを
いそいそと私に切り分ける
この男。

ビアーレストランなので、当然のようにソーセージだのなんだの
グリースたっぷりなつまみが自慢のお店。

チラチラと私の機嫌を伺いながら
怯えた犬のような潤んだ瞳で、一生懸命に
粗相のないように、私のお皿へサーブしている。。。


こんな男の横顔をみていると
急にとてつもなくイジワルな気持ちになってきた・・・


やっちゃおうかしらっ・・・・悪魔のささやきが勝利を挙げた。




「出しなさい!!今すぐに!!」


え?ナ。ナニをですか???



「何って、、、お前を証明できる何か持ってんでしょ!!!!」


あ・・・・あ・たとえば・・・ナ・ナにでしょうか?


「免許証でいいわ!早く。」







と、いう経緯から免許証を預かりそのまま帰宅。

この免許証を管理することから始まり
10日後に、この子を監禁することに決めてしまった・・・

監禁場所に来ない場合は、この免許証の使い道は
私にゆだねると言うじゃない??笑


どうしよっかなぁ~~~~
そんな悪い事したことなんて無いから、、わっかんない・・・


うふふふ


お店をでる際に聞いてみた。
「どんな気持ちなの??取り上げられて。。。??ん?」


うつむいてモジモジする態度から
もう、バレバレよね・・・


「今すぐお手洗いに行って画像!
撮っといで!時間は1分しか待たないわよ」


焦った表情で駆け足で帰ってきたこの子の手に握られていたシャメがコレ。

200907041630000.jpg



免許証はやはりこのまま預かることに決定みたいね。


そして、同意の上で10日後に・・・・・・
私に監禁されることを望むことを正直に告白したのよね・・・・


この子から聞いた日本の古典文学にこんなものがあったわ。

道に迷った旅人たちが、美貌の女主人が居る宿に
泊めて貰う話。女主人は、旅人たちに温泉を薦め、背中を流す口実で誘惑し
ます。女主人の色香に自制心を失ない、行為に及んでしまう旅人たちは
(ココではSMを差します)、女主人の魔力で家畜の姿に変えられ
家畜として売り飛ばされていくという話。
主人公の僧侶だげが、自制心を保ち人間のまま魔界から現世に戻れたという

//////////////////////////

この子

僧侶でいられるかしらね・・・うふふふふ

にしても、なんてセクシーな昔話かしらん。


でも、変態に成り下がった変態をどこに売り飛ばせばいいのかしらん?
実際誰も買わないでしょ??笑

実際に魔力があるなら家畜に変えてしまって売っちゃうけど・・・・


そんな時は、一生奴隷として一人の主人の為に
生きていけばいいと思うのよね・・・・それが固いとおもうわ。笑


別窓 | Mistress RINKO box | page top↑
| 閲覧禁止!漆黒のVENUS達のR指定報告 |

◆MAZO CAMP 25h◆     出発に向けて