類人猿と雑巾メンズとの戯れ Mistress Rinko
2015-02-19 Thu 08:33
1つ前回の記事の画像・・・

ワイドで見たほうが良いでしょ・・・
優しさからよ笑

でも、大きすぎたかしらっ

さぁ、これまでの彼の作品のなかで一番素敵に
私が描かれているわね。

ブァーガンディ色のワンピースに革手袋
メイクも感じも過去の送られてきた作品のなかで
一番私に近いわ!

20150214_111757-1.jpg


シリアに住む彼の環境は私には見えないけれど
今もこうして定期的にLOVELETTERは言葉でなく
一生懸命に人目に触れないように描いては
送られてくる。

かれは、これらをどのように保管しているのか、、

どんな、質問を返しても彼からは返信はなく
一方通行ではあるけど、これが安否確認にはなっている。

どこの誰か知らないけど
情報が遮断された中で、このようなファンタジーを能動的に描き続けるのだからマゾスペックは高いわね

高すぎるほどね!!

それって、つまり一番彼にとり
一番楽しいマゾ期といえるんじゃないかしらね、、

情報が有りすぎて
ほんとは自分は何が好きでどうしたら良いか?さえも、女王頼みにするマゾがいるけど

ある意味それ、、仕方ない気もするわ。
選択肢が多すぎるのよね。

他の誰かのファンタジーが
自身の意思に関係なく情報が入ってくるから

自らの根底から沸き上がるマゾ精神を
自身のなかで育てる作業が出来なくなってあいるだからね


それを思うとこのシリアのこは

より一層、、大事に磨いて育てているんじゃないかしら。自分だけの本当に求める世界。


追い求め続ける事が一番の
マゾの黄金期だわ

私の横には類人猿を鎖で繋ぎ
(類人猿は見たこともないけど)

顔が雑巾と一体化した顔面雑巾メンズにハイヒールを磨かせて
(なんか、便利ね!実際にやってみたいわ!舐めて掃除するのは当然だけど雑巾と一体にさせられる屈辱はプレイとしてありなんじゃない?(笑)

こうした妄想で自分の世界を一瞬でも守れる安堵を感じているのか、、

君の無事を願う
別窓 | Mistress RINKO box | page top↑
| 閲覧禁止!漆黒のVENUS達のR指定報告 |

◆MAZO CAMP 25h◆     出発に向けて