上司PINK、ダメ部下を呼び出す。
2010-12-07 Tue 21:06
昨日の少し早い忘年会をお座敷席のある居酒屋で。

みんな楽しく酔い始めてふと見るとダメ部下川崎がいない。

!!!

ダメ部下川崎が私のブーツの匂いをこっそり嗅いでいるではないか!!


次の日とあるホテルに呼び出し


昨日の事を問いつめると認める川崎。

川崎くん、あんたは仕事が遅いグズな男の上に変態なのね!
昨日の事会社に報告してもいいのよ。


いや、それだけはお許しください。と川崎


なら私のおもちゃになる事ね。



これから厳しくとも淫靡なPINK上司との時間が始まる。

両手を縛ってバカな川崎くんにガーターベルトにストッキングを付ける行為を手伝わせてみるが、案の定バカな川崎は手こずる。


仕事も出来ないし着替えの手伝いも出来ないのね!
本当にアンタはバカだわ!
と私上司PINKからビンタ責め。


あら、痛かったかしら。じゃ、くすぐってみよーかしら。


張り付けられながら恥じらいもなく喘ぐバカな部下川崎。


恥ずかしい声出しちゃう事会社で話しちゃおうかな~。ついでにブーツの匂い嗅いだことも。


それだけは許してください。
と川崎。


なら土下座して謝りなさい。


素直に応じる川崎。
そしてブーツで踏みつけられる。まだまだ終わらない執拗なまでのブーツ責め。
ブーツを履いた脚で首を絞められたり、蹴られたり、圧迫されたり。。。
上司PINKはしつこいよ(笑)

ブーツでの執拗な責めにより川崎のガマン汁で汚れた靴底をしばらく掃除させる事に。
その間も変態部下川崎は立ちっぱなし
フフフ。


強制オナニーを命ずると待ってましたかのように狂う川崎。


私がストレス溜まったらまた虐めてあげるわ。
何度バカ、グズ、アホと言った事か。


そこのあなた!
バカ、アホと罵られて虐めてもらいたいたくなっちゃった?
別窓 | Mistress PINK BOX | page top↑
| 閲覧禁止!漆黒のVENUS達のR指定報告 |

◆MAZO CAMP 25h◆     出発に向けて